コンテンツへスキップ

明けて次の日、今日から貧乏旅行(但しエンゲル係数高め)に戻します。

さらば ザ・フラトン

ホテルを8時過ぎにチェックアウトして、MRTラッフルズプレイスへ向かいます。まずは南北線でMRTクランジ駅へ。

行きにタクシーから叩き下ろされたマルシリン駅と違って、クランジ駅なら食堂も両替商もあります。ほんま、先日のタクシー運転手ムカつくわ。

列車降りて、

向かいの道路からバス出ます。

170または178系統です。

駅前まで行きます。

そしてバスに乗り、ウッドランズCIQへ。

列車止まっています。地球の歩き方には電車と書いてありますが、非電化で機関車牽引(プッシュプルに見えますが、進行方向後ろの機関車は無動力)の客車5両編成(うち一両は電源車)です。

... "シンガポール(ラッフルズプレイス)→クランジ→ウッドランズ→JBセントラル→トゥンパッ→スンガイコーロク。寝台列車を使って一気にタイまで戻ります。" を続けて読む

明けて次の日、この日はブキパンジャン方面へ。

目的地へは地下鉄ダウンタウン線で行くのが早いのですが。最近開業の地下鉄は全線地下を走るので旅情?に欠けます。この日もできるだけ、東西線や南北線を使います。

まずは朝までの宿 ホテル81プレミアスターから、午後からの宿 ザ・フラトンへの移動です。

東西線で5駅、MRTラッフルズプレイスへ移動します。

ザ・フラトン

当たり前のように荷物置いたら、出発します。再び東西線のラッフルズプレイスへ。

そこから東西線でMRTジュロンイーストへ。南北線に乗り換えてMRT/LRTチョアチューカンへ。そこからはLRTに乗ります。ちなみにLRTと言っても、シンガポールのやつは完全にAGTです。そのAGTでMRT/LRTブキパンジャンへ。

完全自動運転でかつ、単行も連結も自由自在なLRT(AGT)に惚れ惚れです。

... "ゲイラン(アルジュニード)→ブキパンジャン→ヒルビュー→キングアルバートパーク→オーチャード→サマセット→ラッフルズプレイス。最終日はブキパンジャン方面へ。そして都心のクラシックホテル、ザ・フラトンに泊まります。" を続けて読む

明けて次の日、この日はジュロン方面へ。

MRTアルジュニード駅から、前日とは反対へ行く列車に乗ります。地球の歩き方的には終点はMRTジョークーンとなっていますが、実際にはMRTトゥアスリンク駅まで通じています(2017年の6月に開業したそうです)。

横に長いシンガポールの半分以上を横断したので、ホテルからMRTトゥアスリンクまで1時間ほどかかりました。旅行ガイドにも何の記述もないだけに、これと言った観光スポットもなかったりします。

車庫へ向かうMRT東西線列車

だからと言って、見どころゼロではないのが、さすが観光立国シンガポール!

... "ゲイラン(アルジュニード)→トゥアスリンク→ジョークーン→タンジョンパガー→ラッフルズホテル・ブギス。二日目はジュロン方面へ。" を続けて読む

明けて次の日、この日から3日間でシンガポールで観光したいところを一通り回ってみます。

初日はチャンギ方面へ。ホテルから10分くらい歩いたところにある地下鉄駅、MRTアルジュニード駅からのスタートです。

やってきた電車に乗り、MRTタンピネス駅へ向かいます。地下鉄と言うものの、近郊区間なので、ずっと地上を走ります(だから地下鉄と言うよりは、MRT(マスラピッドトランジット=大量高速交通)と言う方が的確です)。

MRTタンピネス駅付近を走るMRT東西線

最近開業のMRTは全線地下のものも多い(日本と同じ構図)

MRTタンピネス駅に着きました。タンピネス駅ではMRT東西線より少し北を走るMRTダウンタウン線と接続されます。ダウンタウン線は近年開業だけあって、全線地下を走るようです。バスターミナルへ向かいます。

... "ゲイラン(アルジュニード)→タンピネス→ウピン島・チャンギヴィレッジ→チャンギ国際空港→ゲイラン(アルジュニード)。この日から三日間、ゲイラン起点で観光します。初日はチャンギ方面。" を続けて読む

1

今(シンガポール時間、7月30日13時30分)、ホテルの部屋に着いたところです。

昨夜はJBセントラル駅着後、4月にKLで会ったTさんと今度はジョホールバルで会食して(Tさんの本来の赴任先はJBです)、JBの宿泊先ホテルに戻ったのは0時30分頃。

確かに事前連絡なしで午前チェックインと言うのは、マナー違反だと思うのですが。それでも指定の部屋に入ったら、掃除していない。と言うか、寸前まで誰かいた様子感がアリアリという状態で。JB恐るべし。

幸い?にも部屋がツインで片方のベッドは使われた形跡ないので、こちらで寝ます(片方は情事の後くさいし)

そんな荒んだ気分でいると、今度は金貸しのSMS攻勢。

ここって、世界一ダメな都市じゃねぇ? 二度と泊まりません。

トイレに入れば・・・水が凄い色しているし(シャワーも浴びれないね)

このホテルは特に無理だ。

朝起きたら、早々チェックアウトだね。

... "JBセントラル→ウッドランズCIQ→MRTマルシリン→MRTビシャン→MRTマウントバッテン。ジョホールバルとウッドランドCIQの糞ぶりに驚いたの巻。" を続けて読む

明けて次の日、前日とうって変わってのんびりスタートです。と言うのも、本日のメインイベント、タンピン発JBセントラル行インターシティ列車の一番列車は、何と何との15時50分だからです ^^; タイ国鉄の1日1本線区顔負け・・・

とは言っても、列車内でまともな食事、そしてアルコール飲料は期待できないので、ちょっと早めに出ます。

10時50分頃に宿を出て、11時04分LRTパサールスニー駅発の電車で隣駅KLセントラルへ。

KLセントラル駅構内を走るLRT

非常にトリッキーなKLセントラル駅

折角だから、前日クアラルンプール本駅まで乗ってきた特急電車(9321列車)で行こう。そして食事する前に、どこから乗ればいいのか? どこできっぷを買えばいいのか?ですが。

乗るのは、コミュータ(普通列車)と同じホームで同じ改札で行ける様子・・・でも、きっぷは売っていない。

そして、駅前ホテル(ヒルトン、ル・メリディアン)への出口側の、今は使われていないインターシティ列車ホーム入口の奥にきっぷ売り場があることが判明するまで10分かかりました(書いていても、読んでいてもややこしいです ^^;)

見つかったら見つかったで、列の並び方(整理券の受け取り方)なども最初わからないし、持ち時間20分近く使った感が。マレー鉄道のチケットはネット購入に限るってことですね。

無事買えたので、反対側モノレール駅側の適当な鮨屋へ・・・あ、ここもすしざんまいに負けず劣らずのうんこだったorz

KLセントラル駅は本当に相性悪い。今後も極力利用しないでおこうと思います。

これでタンピンへ

... "KLセントラル→タンピン→JBセントラル。想像を絶する糞ダイヤに悶えてしまう。" を続けて読む

朝、まだ暗い中フェリーターミナルへ歩いて向かいます。

マレーシア(ペナン島は東経100度)、シンガポール(東経104度)はタイ(バンコクは東経100度)とあまり変わらないのに、北京(東経116度)と同じ標準時を使っているので、とにかく朝は遅く、夜はもっと遅いです。ホテルを6時に出て、6時30分のフェリーに乗り、7時頃に駅に着いたのですが、それでもまだ暗い。

この日は、特急電車でクアラルンプールまで行きます。

7時10分頃に改札開きました(やっと外が明るく)

前回KL訪問時(今年の4月)とダイヤが変わっています。今、改めて調べたところ、6月3日にダイヤ改正があったようです。

... "ジョージタウン→バターワース→クアラルンプール(本駅)。前回訪問時の疑問点解消がしたくKLへ。" を続けて読む

一度は行きたかったマレー鉄道の旅。ようやく機が熟したので行ってみます。

バンコクからプラチュアップキリカーンまでは、昨年の5月にアップした通り

なぜ、パダンベザー行寝台特急はバンコク始発なのに、朝の特急でプラチュアップキリカーンまで先回りするのか? は・・・改めて説明します。

バンコクからパダンベザーへ行くのに、なぜプラチュアップキリカーンへ寄り道しているかと言うと、タイ国鉄がバカアホ軍政に飲まされたレギュレーションにあります。何がバカアホかと言うと、従業員の不祥事(強姦殺人)を、なぜか客まで連帯責任を負わされることになったからです。具体的に書くと、従業員の酒の失敗を客にも押しつけ、鉄道敷地・列車内では禁酒と言うことにしたのです。バンコクからパダンベザーへ行く寝台特急はバンコク発15時10分。晩酌タイムはペッブリー~ホワヒン辺りを通過中になりますが、当然食堂車では酒飲めません。

だから仕方なく、プラチュアップキリカーンまで先回りしているのです。そこまでして、飛行機やバス(バスも似た理由(運転手の飲酒事故)の連帯責任で禁酒ですが)を使わず鉄道を使っているってことをわかって欲しいです。

... "バンコク→プラチュアップキリカーン→パダンベザー→バターワース→ジョージタウン。寝台列車でマレーシア向かいます。" を続けて読む

2019年版を作ろうかどうか悩んだのですが・・・他所のサイトのが自分にとって見やすい訳でもないので、パクリながら作ってみます^^;

2018-19年末年始

2018年12月30日(土) (通常の土曜日)
2018年12月31日(日) (通常の日曜日)
2018年12月31日(月) 大晦日
2019年1月1日(火) 元旦

年末年始のUターンラッシュは、下り12月29日。上り1月2日がピークの見込。

2月

2月19日(火) マカブーチャー(禁酒日)

一部Blogで3月21日と書かれていますが、マカブーチャーは旧正月の次の満月のはずなので、2月19日が正解だと思います。

... "2019(2562)年のタイの祝日・禁酒日カレンダー" を続けて読む

旅先で困ることって何?

タイ入国時の預け荷物の紛失、破損等。これに関しては、預けるときにもらったクレームタグを保管して、その場で解決するようにしましょう(としか言えない)。

あとは、滞在時の荷物・貴重品の盗難等、自分自身や同行者の病気・怪我、それと詐欺・恐喝系がありますね。

詐欺・恐喝系は、保険でも対処不可能ですので、自分は自分で守る姿勢でいましょう。

ありがちな詐欺・恐喝

タイ人が、日本語や(わかりやすい)英語で「お値打ちに何かが買える」なんて言ってくるのは、全部詐欺です。ただ最近は日本人が関わっているケースもあるらしいので、こちらも注意を。

トランプやサイコロを使った博打も大体ヤバいです。博打自体が非合法ですので絶対に乗らないように。関連したものでは、男性は美人局系、女性はレイプもありえます。

... "タイに来て困ったなぁと思うこと。荷物の紛失・破損・盗難。病気・怪我。詐欺・恐喝・強盗など。" を続けて読む