コンテンツへスキップ

明けて次の日。チャイヤプームへ行くのですが。

このような普通バスではなく、ナコンチャイコンソンの1等バスを使ってみようと思います。

10時20分頃にバスターミナルに行き、きっぷ売り場でチケットを購入。

すぐ来るからと言われ、少し待ったら来ました(定刻から15分くらい遅れたみたい)。

... "チュムペー→チャイヤプーム→ブアヤイ→バンパイ→コンケーン。ブアヤイの寂れ具合に驚きました。やっぱり鉄道では食えない国みたい。" を続けて読む

この日は地球の歩き方に載っているプーウィアンに寄り道してからチュムペーへ向かおうと思います。

地球の歩き方を見ると、プーウィアンへはノンブアランプーからコンケーンへ行くバスを利用すると書いてあるので、このロットゥーに乗ればいいんでしょうね。

プーウィアンパイマイ(行きます?)と聞いたら、マイパイ(行きません)と言われたよ。

そして、こっちだと言われたのは、

... "ノンブアランプー(→シーブーンルアン)→プーウィアン(→ノンルア)→チュムペー。チュムペーは思いの他の都会でした。タイはアメリカと同じで道が街を作る国ですね。" を続けて読む

一旦ノンカイに戻り、再び西イサーン探索いたします。

8月にノンカーイのバスターミナルで発見してから気になっていた、このソンテウに乗ります。

8時前にターミナル行けば、ソンテウの1台や2台いるでしょう。と思ったら・・・全くいませんorz

結局40分くらい待って、ようやく1台が。そして客もほとんどいない状態が続き、これいつになったら発車するのか。不安になっていましたが・・・9時に発車してくれました^^;

... "ノンカーイ→ノンブアランプー。ノンブアランプーは予想以上にローカルでした。" を続けて読む

明けて次の日、タリーの国境へ行こうと思います。

7時30分にバスターミナルへ行き、50分発のソンテウに乗ります。国境方面行きだけあって、人も荷物も結構多かったです。約束の時間通りの発車です。

途中、(8時発と思われる)ルアンパバーン行き1等バスに抜かされて、1時間45分かけてタリーのバスターミナル着。

... "ルーイ→タリー→ルーイ→ダーンサーイ→ルーイ。タリーはまったりした国境で、ダーンサーイもまったりした交通の要衝だった。" を続けて読む

明けて次の日、冷房バスかソンテウでルーイに戻ろうと思うのですが。

前日周辺散策した時点では、ソンテウ乗り場を見つけることできませんでした。ルーイへ行くバス乗り場も見つけられませんでした。困ったなぁ・・・ロンプラのソンテウ乗り場の説明はさっぱりわからないし。ナコンチャイエアの乗り場から、チャイヤプーム経由コラート行きのバスが出ているって書いてあるけど、ナコンチャイエアはバンコクとラヨーンとウボンラチャタニをハブにしている会社でコラートは寧ろ弱い会社だし(コラートに強い会社はナコンチャイツアーという無関係な会社です)。そのナコンチャイエア(とロンプラが称する会社)の乗り場と言うのが、町から少し離れていたので、前日は敢えて行きませんでした。

で、バンコク行きのコンソンの乗り場が市場周辺なので、その辺からソンテウも出るのかと探してみたのですが、結局わからず。ツゥクツゥクにソンテウ乗り場へ連れて行ってもらうことに。

... "チェンカーン→ルーイ。ルーイは意外と居心地いい街。ルーイパレスもいいホテルだが・・・" を続けて読む

1

これからはルーイ、ノンブアランプー、チャイヤプームの各県(とコンケーン県の一部)を辿りたいと思います。

スタートは地元ノンカイ。7時30分発のこんなバスで出発です。

車掌のおばちゃん(運転手の奥さんというよくあるパターン)から、チェンカーン行くんでしょ?と声かけられました。声かけられるときって、何かオチがあるんだよね。心配だ。

... "ノンカーイ→パクチョム(→タート)→チェンカーン。チェンカーンはいいとこだが、パクチョムからチェンカーンのアクセスが最悪だね。" を続けて読む

1

A change is seen in the time, a use vehicle by sleeping carriage introduction made in China.

中国からの寝台車導入で時刻・使用車両などに変化が見られます。

I really report the result that I observed on the evening of Dec 8.

実際に12月8日の夕方に観察した結果を報告いたします。

Train No.31 14:45 dep. for Hat Yai

(Left side 37, Right side 31)

13 new sleeping carriage formation. the 1st. cl. sleeping carriage 1, the 2nd. cl. sleeping carriage 10, dining car 1, power supply car 1.

新型寝台車13両編成。1等寝台車1両、2等寝台車10両、食堂車1両、電源車1両。

(New sleeper 2nd. cl.)

... "The Latest Data Table of Sleeper Train in State Railway of Thailand タイ国鉄寝台列車データ表(最新版)" を続けて読む

明けて次の日、メーホンソンのバスターミナルをチェックします。

パーイ方面(チェンマイ行)のロットゥー、メーサリアン経由バンコク行の長距離バス、メーサリアン経由チェンマイ行の中距離バスと、メーサリアン行ロットゥーしか出ないターミナルです。

こちらが長距離バス

こちらが中距離バス

中距離バスの方で、8時ちょうどに出発します。

... "メーホンソン→メーサリアン→またチェンマイ。メーホンソン、メーソート、チェンマイの三叉路の町メーサリアン。長閑なリゾートでもあるのに、地球の歩き方には載っていません。" を続けて読む

明けて次の日、パーイを9時30分に出るロットゥーでメーホンソンへ。ちなみにチェンマイを6時30分発のロットゥーでもあります。

少し遅れての出発です。走り始めて5分くらいでパーイ空港の脇を。ロットゥーやだな、飛行機いいなと。ちなみに飛行機と言っても、ロットゥーみたいな飛行機なんですけどね。

乗員2名、乗客12名なので、本当にロットゥーです。

もっとも、飛行機も乗り心地は凄い(悪い)と想像できますが、飛行機なら時間短いし、それこそ遊具と思えば・・・値段も高いけどね^^; (飛行機の説明は後ほど)

2時間半かけて、12時ちょっと過ぎにメーホンソンのバスターミナルへ。

... "パーイ→メーホンソン。パーイもメーホンソンも飛行機を使うべきところだね。" を続けて読む

パーイはもともとチェンマイからメーホンソンへ目指すバックパッカーの中継地として発達した観光地なので(日本で言うと富山の室堂が近い)、バスターミナルが観光の起点になります。

dsc03005

バスターミナルと言っても、こんなもん。

... "パーイのホテルやら行き方やらの話。北タイ旅行の最終目的地はパーイにすべきだね。" を続けて読む