コンテンツへスキップ

明けて次の日、今日から貧乏旅行(但しエンゲル係数高め)に戻します。

さらば ザ・フラトン

ホテルを8時過ぎにチェックアウトして、MRTラッフルズプレイスへ向かいます。まずは南北線でMRTクランジ駅へ。

行きにタクシーから叩き下ろされたマルシリン駅と違って、クランジ駅なら食堂も両替商もあります。ほんま、先日のタクシー運転手ムカつくわ。

列車降りて、

向かいの道路からバス出ます。

170または178系統です。

駅前まで行きます。

そしてバスに乗り、ウッドランズCIQへ。

列車止まっています。地球の歩き方には電車と書いてありますが、非電化で機関車牽引(プッシュプルに見えますが、進行方向後ろの機関車は無動力)の客車5両編成(うち一両は電源車)です。

... "シンガポール(ラッフルズプレイス)→クランジ→ウッドランズ→JBセントラル→トゥンパッ→スンガイコーロク。寝台列車を使って一気にタイまで戻ります。" を続けて読む

明けて次の日、この日はブキパンジャン方面へ。

目的地へは地下鉄ダウンタウン線で行くのが早いのですが。最近開業の地下鉄は全線地下を走るので旅情?に欠けます。この日もできるだけ、東西線や南北線を使います。

まずは朝までの宿 ホテル81プレミアスターから、午後からの宿 ザ・フラトンへの移動です。

東西線で5駅、MRTラッフルズプレイスへ移動します。

ザ・フラトン

当たり前のように荷物置いたら、出発します。再び東西線のラッフルズプレイスへ。

そこから東西線でMRTジュロンイーストへ。南北線に乗り換えてMRT/LRTチョアチューカンへ。そこからはLRTに乗ります。ちなみにLRTと言っても、シンガポールのやつは完全にAGTです。そのAGTでMRT/LRTブキパンジャンへ。

完全自動運転でかつ、単行も連結も自由自在なLRT(AGT)に惚れ惚れです。

... "ゲイラン(アルジュニード)→ブキパンジャン→ヒルビュー→キングアルバートパーク→オーチャード→サマセット→ラッフルズプレイス。最終日はブキパンジャン方面へ。そして都心のクラシックホテル、ザ・フラトンに泊まります。" を続けて読む

明けて次の日、この日はジュロン方面へ。

MRTアルジュニード駅から、前日とは反対へ行く列車に乗ります。地球の歩き方的には終点はMRTジョークーンとなっていますが、実際にはMRTトゥアスリンク駅まで通じています(2017年の6月に開業したそうです)。

横に長いシンガポールの半分以上を横断したので、ホテルからMRTトゥアスリンクまで1時間ほどかかりました。旅行ガイドにも何の記述もないだけに、これと言った観光スポットもなかったりします。

車庫へ向かうMRT東西線列車

だからと言って、見どころゼロではないのが、さすが観光立国シンガポール!

... "ゲイラン(アルジュニード)→トゥアスリンク→ジョークーン→タンジョンパガー→ラッフルズホテル・ブギス。二日目はジュロン方面へ。" を続けて読む