コンテンツへスキップ

JBセントラル→ウッドランズCIQ→MRTマルシリン→MRTビシャン→MRTマウントバッテン。ジョホールバルとウッドランドCIQの糞ぶりに驚いたの巻。

今(シンガポール時間、7月30日13時30分)、ホテルの部屋に着いたところです。

昨夜はJBセントラル駅着後、4月にKLで会ったTさんと今度はジョホールバルで会食して(Tさんの本来の赴任先はJBです)、JBの宿泊先ホテルに戻ったのは0時30分頃。

確かに事前連絡なしで午前チェックインと言うのは、マナー違反だと思うのですが。それでも指定の部屋に入ったら、掃除していない。と言うか、寸前まで誰かいた様子感がアリアリという状態で。JB恐るべし。

幸い?にも部屋がツインで片方のベッドは使われた形跡ないので、こちらで寝ます(片方は情事の後くさいし)

そんな荒んだ気分でいると、今度は金貸しのSMS攻勢。

ここって、世界一ダメな都市じゃねぇ? 二度と泊まりません。

トイレに入れば・・・水が凄い色しているし(シャワーも浴びれないね)

このホテルは特に無理だ。

朝起きたら、早々チェックアウトだね。

8時半にはホテル出ました。そして駅に行き、列車のきっぷを買いに行こうと、案内窓口へ。

窓口氏曰く「ここでは売っていない」

その解釈が、このときは分からなかったです。てっきり通常の列車の乗り場と違うのかと思い、何と道路交通のCIQへ。

ホテルの窓からジョホール海峡を望む

ホテルの窓からJBセントラル駅を望む

(ちなみにCIQは下の写真の左奥です)

そういうときの出国はすんなりいくものです。時刻まだ9時前。

でも、どう考えても鉄道駅には行けない。税関職員に抜け道ないのか?聞いたけど、抜け道はないらしい。絶対にバスでウッドランズへ行くしかない。かれこれ30分くらいあがいたが、仕方なくバスでウッドランズへ。

コーズウェイも大渋滞・・・何やっているんだ自分。列車で行きたかった。シンガポール側に着いたのは10時近かったです。

そして、入国の列が凄いことに。30分以上並んで入国しようとすると、

入管「入国カードは?」

筆者「は?何それ?」

入管「書いていないの?」

筆者「じゃあ、今書くからくれ」

入管「そんなんあかんがな。書いてから並び直し」

筆者「ふぇー」

入国カード探して、書いて、並び直しです。ほんま糞や。

入管通過に1時間半かかりました。あーあ、列車なら・・・

通過こそできましたが、次の問題は、両替商がウッドランズCIQには一切ないこと。入国後、一生懸命探しましたが、両替商はおろかATMすらない状況。観光客などの皆さん、どうしているんだ?

こちらでも税関職員に聞いてみたものの、ないもんはないんだ。バスもタクシーもリンギットは使えない。タクシーはクレジットカードは使える。の一点張り。

仕方ないから、タクシー乗るか。

そのタクシーもとんでもないタクシーで、

  • 両替商がいる駅へは連れて行ってくれない。
  • クレジットカードは使えない。
  • リンギットも日本円も使えない。

と来たもので、両替商はいないが、CIQから最寄りのMRTマルシリン駅で叩き下ろされる始末(金は払わなくてすんだが ^^;)

とりあえず、UOBのATMならカシコン銀行のキャッシュカードで降ろせそうと100SGDと入力したら降ろせたので、めでたし、めでたしと。

12時までは、ホテル着けると思っていたのですが、MRTに乗る前に12時は過ぎちゃいました。

まあ、MRTのICカードも買えて、MRTにも乗れたので、ここからは楽々なんですが。

MRT南北線からビシャン駅でMRT環状線に乗り換え、MRTマウントバッテン駅で降り、そこから徒歩10分でホテルに到着。

昼寝したいのを堪え、両替商探してきます。

(結局、ゲイランでは見つからず。夕方都心部へ)

1 thought on “JBセントラル→ウッドランズCIQ→MRTマルシリン→MRTビシャン→MRTマウントバッテン。ジョホールバルとウッドランドCIQの糞ぶりに驚いたの巻。

  1. ピンバック: シンガポール(ラッフルズプレイス)→クランジ→ウッドランズ→JBセントラル→トゥンパッ→スンガイコーロク。寝台列車を使って一気にタイまで戻ります。 | Timetables in Thai ~泰国阿房列

コメントは停止中です。